鈴木真夕

義理ママのリアル性教育 鈴木真夕

真夕は夫と、気弱な性格の義息・隼人と暮らす母。その出来事は、夫が単身赴任中に起こった…。近所に住む隼人より少し年上の友人に恋人が出来たことで、隼人に対し恋人との行為を自慢するようになっていたのだ。隼人は彼を妬むと同時に、「僕も女の人にフェラチオされてみたいよ。でもどうせ僕なんか…」と塞ぎ込んでしまう。真夕は息子を煩悩から解放すべく、特別に口淫を施す。